NNPの特長

NNPの特長What Makes
NNP Special

パナソニックとの長年にわたる
密な関係があります。

パナソニック製電子部品の「全国初」の販売会社として発足し、60年以上の歴史を持つNNP。設立当初はステレオセットやヘッドホンなどオーディオ製品(パナソニック製「テクニクス」ブランド)を主体にしつつ真空管や抵抗、コンデンサといった電子部品も扱い、高度成長期にはテレビや冷蔵庫、電子レンジといった家電製品向けなどで電子部品市場の需要拡大とともに成長してきました。その後、携帯電話やPC、ビデオ機器、DVDドライブといった電子機器が普及するのに伴い、半導体製品や制御部品などへと取扱製品分野を拡大してきました。現在はパナソニック製電子部品の「代理店」として、お客様での商品開発のサポートや、製品に対するお客様ニーズのフィードバックといったメーカーとの密な連携の下、多種多様な汎用・カスタム双方の電子部品を販売しています。その一方で、パナソニックの製造部門や開発系子会社とも強固な関係を構築し、提案の幅を拡大。長年にわたる協力体制を活かし、ますます多様化・高度化するお客様ニーズに応えています。

電子化が加速する国内・海外のモノづくりを、
高度な製品で支えます。

お客様の業種は、大きく分けて自動車(四輪・二輪)や産業機器、民生・住設機器。中でも自動車は、NNPが本社を置く中部エリアの中心的産業です。自動運転の実現に向けて自動車の電子化は進む一方ですが、自動車関連メーカーの多くはエレクトロニクス技術をコア技術に持たないのが実状。そのような中で、パナソニックが長年培ってきたエレクトロニクス技術による高度な電子部品はもちろん、エレクトロニクスを活用する為の設計開発全般を提案できることが、当社の大きな強みであり、お客様から期待される理由でもあります。中部エリアのほか、東京・静岡エリアや西日本エリアのニーズにもタイムリーに対応するため、東京と大阪に拠点を展開。また海外では中国・香港・タイに現地法人を設けています。日系商社による現地企業相手の商売が難しいと言われる中、当社は日系自動車関連メーカーの製造拠点に向けた販売活動を行い、お客様の事業展開をサポートしています。

メーカー機能や生産委託コーディネートなど、
柔軟に対応できます。

パナソニックの電子部品販売は当社のコアビジネスですが、多様化・高度化するニーズに応え続けるには、部品単体ではなく多様な商材やソリューションによってお客様の課題を解決できる「エレクトロニクスの総合商社」となる必要があります。その一歩として、2005年には浜松地区の電子機器メーカーを子会社化し、電子制御ユニットや二輪や産業機器向け電装品の開発・設計・製造をNNPグループとして引き受けられる体制を整えました。しかし私たちはそれだけにとどまらず、多種多様な課題のソリューションに取り組み始めています。たとえばお客様の「自社製品向けに独自開発した半導体を量産できる体制を作りたい」といったご要望に対し、パナソニックの設計開発部門の子会社に生産を委託するコーディネートを行ったのは、その一例。パナソニックが持つ奥深いエレクトロニクス製品や技術を商材に、多様な課題解決に取り組んでいきます。

pagetop